葬儀から埋葬まで

墓石の価格やデザインは様々です。迷った時は故人の方が好きだったモチーフなどをオーダー出来る墓石がオススメですよ。

最終的に、僕たちはどこへ行くことになるのでしょうか?
……という問いは、あまりに漠然とし過ぎたものではありますが、しかし重要な問いのひとつでもあります。
たとえば何年か前に、「自分が死んだあと、自分はどこにいるのか」ということをテーマにした歌が流行りました。
家族に語りかけるかたちで、「私はあなたのそばにいます」というのが、その歌の結論でしたが、一般的に言うとひとは最後にはお墓に行くものである、というのが今でも根強い考え方ではないでしょうか?

お墓というのは、霊園にある墓石から「どこに誰が眠っている」ということが明らかにされています。
葬儀を経て、その人の死が社会的に周知されると、あとはその人が眠るべき場所へ、その人を連れていくということが残るばかりです。
それを埋葬と呼び、そのための場所を僕たちは、お墓や霊園という名で呼んでいます。
そして、個人個人のお墓はどこにあるのかということを分かりやすくするために、墓石が置かれているのです。

葬儀を行ない、霊園の墓石の下に埋葬する。
言葉にすれば簡単ですが、僕たちがいずれは誰でも進まなければならないその最後の行程については、なかなか普段、生活するうちに考えていくというのも難しいものです。
とはいえ現在では、葬儀や霊園や墓石ということについて、考えている人も多くいるようです。
葬儀の方法や埋葬の方法も、さまざまな選択肢の中から選ぶことが出来るようになっていて、「どのようにしようか?」と考える人が、増えているわけです。

関西地方に住んでいない人でも、すべてお任せすることが出来るので安心して遺品整理を大阪で行ってもらうことが出来ます。これなら遠方の人も安心ですよね。
大切な人と過ごす最後の時間だから大切にしていきたい。葬儀のことは東京でも有名なところで依頼すれば安心。真心を込めて葬儀を執り行ってくれます。